エクセディ CARBON-D

このエントリーをはてなブックマークに追加

従来のソリッドセンターハブをダンパー化することにより、トランスミッションやデファレンシャルギアから発生するギアノイズ(歯打ち音)を大幅に低減し、 同時にショックトルクも吸収。
ペダルの低踏力化、ミートポイントの最適化(床側へ)等のユーザーニーズもフィードバックし、カーボン特有の半クラッチ性とクイックな操作性はそのままに、静粛性&快適性をも実現した感動のクラッチシステムです。

【カーボンクラッチ初 センターハブダンパーの採用(防振タイプ)】
<防振性能を持ったダンパー>
従来のスポーツクラッチ用ダンパーは、急激にクラッチを操作した場合などに発生するショックトルクからミッションを保護する目的で設計されている為、防振性能には乏しい。
エンジンの回転変動を吸収する為には、よりやわらかいスプリングと適性なヒステリシストルク(※1)の設定が必要となりますが、やわらかいスプリングではダンパー容量の確保が難しくなります。
CARBON-Dでは低負荷走行ステージと急加速ステージを備えた新ダンパーを採用し、車種ごとに最適なチューニングを施しました。 低負荷走行ステージでは、
ダンパーの剛性とヒステリシストルクの適性化によりギアノイズを防止し、急加速ステージでは、高剛性スプリングを採用することにより、高トルク対応を可能にしました。クラッチ専門メーカーだからできるチューニング技術です。
(※1) ヒステリシストルクとは足周りでたとえると、ショックアブソーバーに相当し、ダンパースプリングの振り返しを制御する音振を吸収するには欠かせない機能です。
ソリッドタイプディスク(ダンパーなし)ではエンジンの回転変動がそのままトランスミッションに伝わるため、ギアノイズが出やすい。
CARBON-Dは防振タイプのダンパーにより、エンジンの回転変動を吸収しトランスミッションやデファレンシャルギアのギアノイズを抑制します。

上記部品は競技専用部品につきクレーム、返品には応じかねます。
また予告なく仕様・価格を変更することがございます。

※車種・仕様ごとに価格が違う為料金表をご覧頂くか、またはお問い合わせ下さい。
※一部車種はEXEDY製品に交換するにあたって別途純正部品が必要となります。
※納期は在庫状況によって違いますのでお問い合わせ下さい。
※補修品もご購入頂けますのでお気軽にご相談下さい

 

お問合せ・ご購入は下記からどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です